2006年7月 4日 (火)

”僕式ナンテン”の管理方法

_270_1 風水長者のコパによると”鬼門に白”。ってワケじゃないけど、ウチの東北には、ナンテンの鉢植えを置いてます。「難転じて、福となす」との事ですが、よく考えてみると、ずいぶん長い間、TVドラマみたいな災難っぽい事ばかりで、最近の僕にとっては”難”が当たり前で、「難って何?」って年頃みたいです。ナンテンも僕も丈夫です。このナンテン、もう10年以上、毎年花は咲いても、実にならなかったそうです。今年は実にさせます。なるかな?

*僕式ナンテン管理方法*

置き場所:軒下(花が雨にあたると花粉が流れて実になりにくいそうです)

日当たり:耐陰性も強めだそうです。紅葉には、日当たり多めで、木にも四季をしっかり感じとらせるイメージで。自覚は大切なんですね。

水遣り:表面の土が乾き始めた次の日(日本の木なので花期と夏の日照り続きの日以外は雨まかせです)

植え替え:

1.土の水抜けが悪くなったら、根が窮屈してないかチェックします。育ててる環境で違いが出るはずですが、ウチでは2,3年に1回のペースかな。

2.時期は2~3月。まだ、紅葉中で、芽が動き出す前がベストらしいです。普通に花後や夏が終わった後もOKみたいです。

3.土は”フカフカ”をテーマに、水もちを重視すると良いらしいです。お茶ガラを、混ぜ込むとイイという話も耳にしました。ウチでは、夏場に表土をマルチした水コケを、そのまま混ぜたりします。

4.土のPhは、神経質に、ならなくてイイそうです。

5.肥料は、多すぎると実がつきにくくなるそうです。子孫残す使命感と危機感持たせないとイケナイみたいです。自覚です。

6.ウチは鉢植えなので、根も鉢の大きさに合った根玉にするためバツバツ切ってます。毎年植え替えるのは大変なので。2,3月に根切りしてイジメると、葉ばかり茂って実のつかないナンテンにも効くそうです。

7.根玉が小さくなった分、腐葉土と赤玉土を足してます。水をたくさんかけて、根となじませながら、足してきます。

剪定:

時期は、新芽が動き始めて、伸ばす枝と、不細工南天にしないための切る枝がイメージ出来る頃。だいたい木更津だと3月ですか。植え替え後2,3週間たって、根付いた頃とかです。注意するのは、1年目の枝には花が咲かないそうです。なので、1年前に根元から伸びてきた枝とかを切る時は慎重に。あと、古い枝は枝分かれしないので、切る時は根元からバッツリと切って、新旧交代させるとイイ感じになります。梅雨時に、花が無い古い枝やヒゴとかを整理するとイイみたいですね。そうすれば、毎年晩春から初夏にナンテンの花が楽しめます。ように。

添え物として使う時は、お祝いの席には葉を表にして、不祝儀には葉を裏にして、お供えするそうです。

にほんブログ村 花ブログへ 人気blogランキングへ参加してます。

よかったらクリックを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

”僕式アジサイ”花後の管理方法

_057_1 今年で、もう10年近く続けて、綺麗な花を咲かせてくれてるウチのガクアジサイ。今日、剪定しました。

僕のアジサイ管理方法

1.夏が来る前に各枝、元から2,3節残して切る。花芽は9月頃つくそうです。この時、剪定した枝を挿し木すると、けっこうウチでは、ついてます。

2.お礼の肥料に、醗酵油粕と鶏糞を1握りずつ1:1で鉢の外ふちに沿って鋤き込みます。さらに、青いアジサイには、ピートモス。赤いアジサイには、石灰や木炭や木灰なんかを撒く年もあります。

3.内側に伸びるふところ枝や、昨年の剪定の際に、枯れこんだ枝を元から切っちゃいます。

4.秋の初めに、鉢の外縁につく根を切るイメージで、8:8:8な化成肥料を鋤き込んじゃいます。

5.冬場の落葉中は、ほったらかし、雨のあたらないベランダ栽培の時は、月1くらいで、水遣りしたかな。

6.春に芽が動き始めたら、大きな花が咲きますようにって、念を送りながら、葉が萎れた時は、「すぐに」、あとは、1日中太陽がポカポカしそうな日の朝なんかに、水遣り。気が向くと、リン酸多めの液肥もします。そして、梅雨時に、沢山の大きな花咲かせてくれますように。。

_391 でも、実は、種類の違いか、こっちのホッタラカシ気味の方が、長く、多くの、花咲かせてます。

ひょっとして、これは「隅田のナントカ」って、名のアジサイ??「おたふく」?

やっぱ、どんなにジタバタしても、自然のパワーには、完敗です。

今夜は、イタリアのベスト4への道です。日本時間4時キックオフ。

ドイツVS.アルゼンチン見たいけど、、もう、眠々です

Vai Italia!Forza!!

にほんブログ村 花ブログへ たくさんの参考になるblogの紹介サイトです。

人気blogランキングへ 参加してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

梅雨、梅酒のルイ13世

_314_1 昔々「世界の一流品図鑑」で知ったルイ13世ってブランデーを、友達ん家の親父のキャビネットから盗み飲みして、サントリーのVSOPを上から足してたのは、天国のおじさん、バレてた俺達?

その酒は、カルバトスをずっと上品にしたリンゴのような香りがして、すごく美味しい酒でした。でも、あれ以来、匂いすら味わった事ありません。おじさん、ありがと。

今、その友達とは、一緒に酒飲むと、僕が「スティンガー」というブランデーとミントのカクテルを説明しながら頼む時に「ブランデー」と言うと、なぜか「恨んでねぇよ」と、いつも言います??なんでだろ。時期が遅めですが、今年も梅のルイ13世、梅13代目を目指して、梅酒漬けます。

Photo 浸かった後の梅。この梅を「大切な人の不眠症のために」をキーワードに始めた梅酒作り。

激辛カレーに刻んで入れてみても、美味しかったです。

僕の数少ないテキトーな経験によると、ホワイトリカーよりも焼酎、よりもブランデー、安いブランデーより、高い、で漬けた方が美味い梅酒が出来るみたいです。

今年は、梅酒2005も、まだ甘過ぎたので、梅1kg+サントリーXO900ml+氷砂糖50gで漬けてみます。で、最後に酒飲めない家から貰ってきたCAMUSのXO足して仕込みます。

初めて口にした酒は、たしか、親戚のお兄ちゃんに,幼稚園の頃に、飲まされた養命酒か、梅酒の原酒の一気飲みが、僕の酒初体験です。一気飲みする子供が多いのは、僕の周りだけでしょうか。先日友達ん家の園児にワインあげたら、心配したとおりに、一気に飲み干して、、、イイ顔してました。

あれから○○年。今の僕は、どんな酒にも飲まれません。

※梅の花を来年も咲かせる方法

1.花が全部終わったら、枝が立たないよう、外側の芽を1つ2つ残して剪定し植え替え。

2.5月中頃~6月に入る前に、また外側に出る葉1,2枚を残して切り詰める。すると6~7月にかけて葉が丸まりながら花芽をつけてくれる。そうです。ウチのも見ると、よく丸まってます。順調です。bene beneです。

3.落葉してる間に整枝。すれば、早春に。。綺麗に、ふたたび、花咲かせてくれますように。

昨日は、ビール2缶に焼酎2合をカモミール茶割り。かなり控えめな酒量です。でも、木更津ジャスコで買ってきた、サボテンの海老フライ2本と味噌カツ。調子ん乗って食べたら胸やけして、サクロン4袋、一気飲みです。

南高梅(1kg¥780atJUSCO)サントリーV.O(610ml¥880X2atSimoR)

 梅酒2006       25/Giugno¥2.540

| | コメント (0) | トラックバック (0)