« HOPE | トップページ | Silence »

2011年4月 3日 (日)

SO…

365ちょっと夏っぽい雲も訪れはじめた木更津の空

大地震発生から数日後

日中の光が真黄色に変色し

どこかで火山まで噴火したのかと

心配したのですが、

スギ花粉が日の光を黄色く染めていただけだったようで

屋外に駐車してある車の窓ガラスの溝などには

黄色い硫黄のような花粉がベットリ沈着してました

まだ始まったばかりの大地震の2次3次災害

木更津でもコンビナート火災の影響で商品化出来ず

残念なことに今年の海苔養殖は終わってしまったそう

三寒四温の時季で先週は冷え込みがぶり返し

早朝は真冬のように車が凍る日も

353”緊急”に驚き発信先の会社に連絡しても再度届く

378b 間違いFAXの”緊急”の文字にはビックリしますが地表でも

356 ニョキっと今年もアスパラ達が顔をのぞかせ始めてます

357 フキのとうはウッカリさんしたので見過ごさないよう注意します

373 葉野菜たちはアブラ虫がつき始めたり とう立ちし始めたり

383 庭の八重桜は蕾が日に日にふくらむ日々

そういえば、

日本の国内外では原発事故に関する報道は

ものすごく大きな温度差があるようで

事故発生翌日頃から国外の友人のメールには

「You should get out Japan」

「at least get farway from Tokyo」

といったおまけメッセージが100%ついてきます

今でこそ東京などでは珍しくないロシアの人達ですが

民主化が進んだ80年代後半から旧ソビエト連邦でも

急速に渡航制限が緩和されはじめたようで

90年代初めには旧ソビエト連邦出身の

モデルたちがファッション誌上にも増え始め

中には時々チェルノブイリ原発事故の被災者で

数時間おきに薬を服用しなけらばならない境遇の

モデルとも撮影で一緒になる機会がありました

「朝、髪の毛ブラッシングしたら異常に髪が抜けて

《変だなぁ》と思いながら学校へ行ったら

クラスメイト数人の頭髪がゴッソリ薄くなってたの」という話や

「チェルノブイリ原発事故の数日後にドイツにいる親類から

『犬がミルク飲まなくなったんだけど…そっちで何かあった?』

といった連絡を受けて用心を始めたの」といった話など

俄に信じがたかった話がいくつか印象深く残ってますが

まさか20年後の自分が被曝の心配をするとは

当時では想像するコトさえ有りえないコトでした

オフレコ話や過去の歴史を振り返ると

肝心要の恐ろしいコトは何だかずいぶんと

時が経った後で知らされるのが世の常なようで

農作物の供給不足による価格高騰や

代替部品による工業製品の品質劣化や

移動の少ない魚貝甲殻類の放射能汚染などなど

考え始めると不安も募る日々で

今は本当に大変になる前の序章と思い

コレからが本番と準備し上手く対処したいもんです

先週末は友人がヤフー知恵袋で情報を集め

衛生用品と食料を主体とした物資を

ハイエースのロケバス3台に満載し

福島第一原発周辺エリアを中心に

いわき市から南相馬市まで

数ヶ所の小さな避難所を回ってきました

ボクは都合がつかず同行出来ませんでしたが

歯ブラシとタオルを数百本ほど運んでもらいました

年賀のタオルは不謹慎かとも思い悩みましたが

避難所の皆様どうぞ大目に見てやって下さい

_mg_4976_2一刻も早く原発事故にメドが立ち皆さんが無事に家へ帰れますよに

P.S
Kさんバツ2と3度目は初耳だったけど、
50歳過ぎて初の子宝ホントおめでとさんです

LOVEPEACE人気ブログランキングへ

Home

|

« HOPE | トップページ | Silence »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HOPE | トップページ | Silence »