« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月24日 (日)

Coming on

Img_0429 昔の農家の人は田畑の横に八重桜を植え

花便りを頼りにFarmSeason到来というコトで

いろいろな作業を進めたそう

今年は東京の桜は早くから咲いていましたが

この辺ではソメイヨシノと八重桜が

仲良く一緒に開花を始めた気がします

家の庭の花たちは遠慮して自粛していたのか

最近になって一気に開花し始めてます

Img_0444 ムスカリは植え放しでもよく花をつけてくれます

Img_0445 千葉県の花?名も知らない木ですが数年ぶりに花をつけたような…

Img_0449 サツキ?ツツジ?名も知らない木ですが例年より多くの花がついたような…

Img_0454 今年はチューリップも咲いてくれました

Img_0430 そして雨が当たらず水分調整しやすい軒下を耕し

Img_0432 まずは大玉トマトを植えつけ@2週間前

Img_0441 1番花の咲いた定植適期の苗が売っていたので

Img_0438 ここ2年あまり獲れなかった水ナスを植えました@2週間前

今年は自家製の美味い野菜は別に穫れなくていいけど

100%安全な日本産の野菜や酪農製品や魚など

みんな安心して買い物出来る日が1日でも早くきますように

LOVEPEACE人気ブログランキングへ

Home

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

Silence

389 朝のTVニュースをチェックしながら食事をしていると

今まさしく口に運び食べてる最中の魚と

全く同じ魚の写真が画面にド~ンと出てきて

《暫定基準値を超え操業を自粛しました》

ってTVが言った…???

《野菜の出荷規制対象となる暫定基準値…》

《倍に相当する放射性物質が検出されました》

って!?

思わず吹き出しそうになりつつ

体内被曝しちゃったかなとも心配しましたが

どの道ほとんど食べちゃってたし

気にせずキレイに完食

あとで三角コーナーにラベルが残ってたので

見ると、、、

《瀬戸内海産こうなご》

長年に渡り著しく健康に悪い生活してきたけど

やっぱりチョっとホッとします

先週はウエディングがあり日曜の赤坂へ出向き

そういえば、詳細は忘れてしまったけど

大学の研究医はじめボクらが遊び盛りのときも

学問大好き派だった大昔の同級生たちによると

まだまだ原発から飛散してる放射性物質には

数値など一切公表されてない危険な要注意物質が

数種あるそうで恐い話が酒の肴だった夜。。。

ほろ酔い加減で散歩しがてらの帰り道では

古い思い出いっぱい詰まった赤坂プリンスホテルが

390 暗闇に覆われ無気味にコンクリートの塊と化してたり

386 旧い方の議員会館も真っ暗で昭和が終わったとき以上の静けさ

396 その翌日の木更津の家では

通りすがりの誰かが見てたら間違いなく

またまた不審者の住む家に思われてたかもですが

台所の包丁を手に玄関を出たり入ったりすること数回

『あと1日だけ大きくなるのを待とうかな』と

チョっと迷いつつ待ちきれなかった

アスパラガスを収穫しました

欲張った分だけスジが多い気もしましたが

やっぱり穫れたてで美味しくいただきました

そして今週

また庭の別の場所でニョキっと新たな楽しみが

399 1日も早く地震活動が終息し確かな一歩が踏み出せますよに

LOVEPEACE人気ブログランキングへ

Home

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

SO…

365ちょっと夏っぽい雲も訪れはじめた木更津の空

大地震発生から数日後

日中の光が真黄色に変色し

どこかで火山まで噴火したのかと

心配したのですが、

スギ花粉が日の光を黄色く染めていただけだったようで

屋外に駐車してある車の窓ガラスの溝などには

黄色い硫黄のような花粉がベットリ沈着してました

まだ始まったばかりの大地震の2次3次災害

木更津でもコンビナート火災の影響で商品化出来ず

残念なことに今年の海苔養殖は終わってしまったそう

三寒四温の時季で先週は冷え込みがぶり返し

早朝は真冬のように車が凍る日も

353”緊急”に驚き発信先の会社に連絡しても再度届く

378b 間違いFAXの”緊急”の文字にはビックリしますが地表でも

356 ニョキっと今年もアスパラ達が顔をのぞかせ始めてます

357 フキのとうはウッカリさんしたので見過ごさないよう注意します

373 葉野菜たちはアブラ虫がつき始めたり とう立ちし始めたり

383 庭の八重桜は蕾が日に日にふくらむ日々

そういえば、

日本の国内外では原発事故に関する報道は

ものすごく大きな温度差があるようで

事故発生翌日頃から国外の友人のメールには

「You should get out Japan」

「at least get farway from Tokyo」

といったおまけメッセージが100%ついてきます

今でこそ東京などでは珍しくないロシアの人達ですが

民主化が進んだ80年代後半から旧ソビエト連邦でも

急速に渡航制限が緩和されはじめたようで

90年代初めには旧ソビエト連邦出身の

モデルたちがファッション誌上にも増え始め

中には時々チェルノブイリ原発事故の被災者で

数時間おきに薬を服用しなけらばならない境遇の

モデルとも撮影で一緒になる機会がありました

「朝、髪の毛ブラッシングしたら異常に髪が抜けて

《変だなぁ》と思いながら学校へ行ったら

クラスメイト数人の頭髪がゴッソリ薄くなってたの」という話や

「チェルノブイリ原発事故の数日後にドイツにいる親類から

『犬がミルク飲まなくなったんだけど…そっちで何かあった?』

といった連絡を受けて用心を始めたの」といった話など

俄に信じがたかった話がいくつか印象深く残ってますが

まさか20年後の自分が被曝の心配をするとは

当時では想像するコトさえ有りえないコトでした

オフレコ話や過去の歴史を振り返ると

肝心要の恐ろしいコトは何だかずいぶんと

時が経った後で知らされるのが世の常なようで

農作物の供給不足による価格高騰や

代替部品による工業製品の品質劣化や

移動の少ない魚貝甲殻類の放射能汚染などなど

考え始めると不安も募る日々で

今は本当に大変になる前の序章と思い

コレからが本番と準備し上手く対処したいもんです

先週末は友人がヤフー知恵袋で情報を集め

衛生用品と食料を主体とした物資を

ハイエースのロケバス3台に満載し

福島第一原発周辺エリアを中心に

いわき市から南相馬市まで

数ヶ所の小さな避難所を回ってきました

ボクは都合がつかず同行出来ませんでしたが

歯ブラシとタオルを数百本ほど運んでもらいました

年賀のタオルは不謹慎かとも思い悩みましたが

避難所の皆様どうぞ大目に見てやって下さい

_mg_4976_2一刻も早く原発事故にメドが立ち皆さんが無事に家へ帰れますよに

P.S
Kさんバツ2と3度目は初耳だったけど、
50歳過ぎて初の子宝ホントおめでとさんです

LOVEPEACE人気ブログランキングへ

Home

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »