« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月21日 (月)

HOPE

310 そのときは いつも突然やってきます

初めてのときは

四角く狭い空間でリラックスしてるとき

突然の同時だったのでダブルで驚かされました

電気の灯りが消える瞬間と…

ウォシュレットの湯が止まるとき

オール電化の家では通電再開の度に

給湯システムのスイッチをセットし直さないと

眠気覚ましと寝起きの体を温める朝風呂が

眠気覚ましと体に気合注入する水風呂にと

変貌をとげます

1日2回停電があるとゼロからの湯沸しは

深夜電力で3日がかりになるので

節水効果もあるようです

早く計画停電と一緒の生活に慣れたくて

毎日さまざまなコトを学ぶ日々の生活

306 これはイチゴのふりした雑草のこぼれタネですが

302 たくさんのこぼれタネが芽吹き始めてます

そういえば、

「1つのモノを取り合うのではなく1つのモノを

必要な数に増やして分け合う努力や工夫」と

「『もう駄目だ限界だ』と思ったときが

ようやく自分の持ってる限界力量の半分」

時々そんな心がけを思い出す状況に直面します

家族を車で千葉駅まで迎えにいったついでに

見ず知らずの木更津方面への帰宅難民と

道中一緒に帰るなどして週末のカオスを過ごし

明けた月曜日に乾電池を買おうと思い

大型複合商業施設に行くと数店舗すべてで

非常用の照明関係が見事に各種完売状態

他にも笑えるほど何もないラックを見ながら

湾岸戦争勃発直後から同様の空ラックが並んだ

ミラノの大きなハイパーマーケットを思い起こし

「○○屋さんにならあるかも」と

狙いを定め運良くろうそくを買い求める事が出来ました

家にあったアロマキャンドルと合わせると

何とか1ヶ月くらいの計画停電は乗り越えられそうです

鏡にリフレクトさせると

明るさも数倍にして夜を楽しめます

ただし、

普通ろうそくは倒れたりする以外にも

燃え尽きても火災の危険があるので

絶対に必ず消化が必要な照明手段です

明日からまた1日2回の計画停電が2日連続で

3日目もサンセット後に停電する予定の

木更津を含む第一グループですが

くれぐれも譲り合いのゆとり安全運転を心がけ

万事無事を祈ります

347被災地に1つでも多くの希望のタネが芽吹きますように

・放射能測定量情報サイト

神奈川エリア

茨城エリア

※何か起きると報道発表前に数値が上がります

LOVEPEACE人気ブログランキングへ

Home

| | コメント (0)

2011年3月13日 (日)

no words

315a 冬は赤富士が美しい内房の海

運良く海を渡る直前だったので

幸い帰宅の労は回避できたけど

木更津も長く大きくユラユラと揺れました

阪神淡路大震災の発生当時はミラノ暮らし

日本のTV番組のコーディネーターの副業中で

朝ホテルにタレントさん達を迎えに行くと

部屋から降りてきた日本人スタッフの言葉で知り

日本食レストランで人づてに噂や話を耳にしたけど

想像は現実の惨状を遥かに下回るモノでした

そして今回の地震…

言葉もありません。。。

大勢の人たちが暮らしてたはずなのに…

324木更津は地震発生後に天候が急変してました

333野良猫が日向ぼっこするような陽気から

330 そういえば、とても恥ずかしい類いの話ですが

先日の泊まりロケで一緒だった神戸出身の某俳優は

阪神淡路大震災を黒い動物のマークがシンボルの

某大手運送会社の荷物が集約される配送センターで

アルバイトをする大学生として被災し

「そこで人生観が変わるようなコトをいっぱい見た」

と想像もし得なかった話を多数聞かせてくれました

そう話してくれた中の1つに

そこには洗濯機やテレビはじめ大型家電製品なども

支援物資として多数送られてきたそうなのですが

当時の彼の上司にあたる配送センターの役職者は

地震被害とは無関係の地区に住んでいたはずなのに

支援物資の送り先を自分の家宛として

震災支援物資の横領によって何から何まで

自宅の家電製品すべてを一新したそう

今日ガソリンスタンドへ行くと

危険物運搬などは地震の影響で流通がストップし

《1人20リットル》までという給油制限がありました

明日からは停電も始まるそう

いつ、どこで襲いかかってくるか予測困難な天災

地震は三陸沖・茨城沖・高知沖・千葉西部と

連動するパターンも多くあったので

このまま沈静化するコトを願うばかりですが

《明日は我が身にも》と出来るコトをしていきます

340 被災地の皆様には心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます

LOVEPEACE人気ブログランキングへ

Home

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »